大雑把に覚えよう

英単語は逐語的にその意味を覚えるよりも、大まかなイメージで捉える方がうまくいきます。

★「充てる」の文例
和文:夜は勉強の時間に充てています。
英文:My evenings are set aside for study.

ここの”aside”は「(後のために)取っておいて、しまっておいての意味で使われていて、「夜を勉強の為に特別に取っておく」というわけです。

 「お金をすこしづつ貯める」は
One puts a little money aside when one can.
「朝一時間ウォーキングをしています。」は
I set aside one hour in the morning for walking. と英訳できます。
この”aside”は良く英語の歌詞の中にも現れています。覚えておくといい単語です



★ 「あふれる」の文例
和文:ビールがコップからあふれてしまいました。
英文:The beer run over the top of the glass.

なるほど、ビールをついでいてビールがコップてっぺんを乗り超えたのですから、run overの表現も良くわかりますね。
“run over” は他に 「ざっと目を通す」の使い方もあります。
「私は朝、新聞にざっと目を通します。」  I run over the papers every morning.


★ 「現す」の文例 和文:雲の間から太陽が顔を現しました。
英文:The sun is looking (or looked) out from between the clouds.

英文で2通りの表現が示されています。
1つが現在進行形、もう1つが受動態です。The sun is    lookingが和文と全く同意です。受動態 The sun is lookedは「太陽が雲の間から見られました。」とでも日本語に訳せますが、やはり 「雲の間から太陽が顔を現しました。」ですよね。

“look out from” のout は 「飛び出す・ひらめく・爆発する・抜け出す」等のイメージの文章に良く使われます。 come out, go out, get out, take out等重要動詞との組み合わせで様々な場面で使われます。この文例もlook out from の代わりにcome out fromと言い直すことができます。

photo credit: Stuck in Customs

このブログの人気の投稿

謙譲語

GT-V8 語学学習アプリ(4)「タッチで会話」